ダイエットコンシェルジュ

プロの管理栄養士があなたのダイエットをサポートします

ダイエット豆知識

魚を食べると頭がよくなる~♪!?

投稿日:

「お魚天国」という歌をご存知ですか?

スーパーの魚売り場などで耳にしたことがあるのではないかと思います。

リズミカルな曲調で親しみやすく、記憶に残る歌詞も印象的です。

この歌では、“魚を食べると、頭がよくなる”“さぁ、皆で魚を食べよう”と呼びかけています。

DHA(ドコサヘキサエン酸)・EPE(エイコサペンタエン酸)

DHA(ドコサヘキサエン酸)・EPE(エイコサペンタエン酸)は脂肪酸の一種で、主に魚の脂肪に多く含まれています。

また、もともと私たち人間の脳細胞や母乳中にも存在するものです。

脳細胞を活性化して、記憶や集中力を高める働きがあり、不足すると学習能力を司る脳や神経が望ましくない状態に陥ります。

リラックスした気分にも導いてくれるのだとか。

体内では作られない脂肪酸

イギリスの栄養学者が日本人の子どもたちの知能指数の高さを、DHA(ドコサヘキサエン酸)の生理作用によるものだと評したことから、“頭が良くなる”成分だとして知られるようになりました。

主に脳の健康のためには、EPAよりDHAが有効であるとされています。

しかし、「n-3系の不飽和脂肪酸」であるDHA(ドコサヘキサエン酸)・EPE(エイコサペンタエン酸)は、体内でほとんどつくり出すことができません。

このため、青身魚など、これらの脂肪酸を豊富に含む食材の積極的な摂取が大切なのです。

ガン、脂質異常症の予防にも!?

脳への働きだけではありません。

近年の研究では、ガン細胞を抑制する働きがあることが分かってきました。

また、血中のコレステロールや中性脂肪を低くするため、脂質予防症にも働きます。

主に、血液の健康のためには、DHAがよりEPAが有効であるとされています。

その他、視力回復、炎症抑制、アトピー性皮膚炎の改善などにも効果があると言われています。

昔ながらの魚中心の和食メニューを見直そう!

青身魚:マグロ・サバ・ブリ・マイワシ・マダイ・サケなどに多く含まれています。

昔に比べ、食生活の欧米化や肉や加工食品の使用により、日本人全体の魚を食べる機会が減っています。

調査によると、DHA・EPAの1日の摂取量が推奨値(1g~1.5g)に足りていない方が多いのが現状です。

一方、勉強や仕事、長時間のパソコンやスマートフォンの使用などストレスは増えてます。

推奨量を満たすには、一日の中で焼いたサンマなら約1尾、小型のイワシなら約2尾を摂取するとOK!

お刺し身であれば、マグロ(トロ)で2~3切れ、ブリで4~5切れになります。

「n-3系の不飽和脂肪酸」である魚の脂肪酸は、酸化されやすい脂肪酸であるため、新鮮な魚を選ぶように心掛けることや、お刺身のように生での摂取は最も効率よく、よい状態で摂取することができますよ。

手軽に摂取できる加工食品としては、魚の缶詰がオススメです。

「さば水煮」「さば味噌煮」「さんま蒲焼」「いわし味付」などは、原料そのものにDHAが多く含まれています。

缶汁の中にもDHAがたくさん含まれているので、捨てずに摂取しましょう。

生活習慣病が気になる方や、勉強の成果を上げたい方、認知症の予防のためにも脳の健康を考え、毎日の食事について肉と魚のバランスを見直されると良いですね♪

-ダイエット豆知識
-, , , ,

Copyright© ダイエットコンシェルジュ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.