ダイエットコンシェルジュ

プロの管理栄養士があなたのダイエットをサポートします

食材

捨てるなんで勿体ない!「セロリの葉っぱ」

投稿日:

セロリはセリ科の野菜で、原産地のヨーロッパでは、古代から万能薬として重宝されてきました。

独特の香りを持つため、苦手な方も多いと思いますが、様々な効果や栄養素が豊富なセロリの魅力に迫りましょう。

世界が注目するセロリ

薬草としては、疲労回復、食欲増進、滋養強壮、高血圧、不眠、肝機能の改善などに効果があるとされ、欧米ではサラダだけでなく、スープや炒め物など幅広い料理に使用されています。

また中国では、植物成分の研究が進められており、セロリに血圧効果作用があることが分かってきました。

香り成分「ピラジン」で冬の体もポカポカ!

セロリと言えば、茎の部分を食べるものと思い込んではいませんか?

実は、セロリの葉っぱ部分こそ、栄養の宝庫なのです。

葉に多く含まれる香り成分の「ピラジン」は、血流促進作用があり、冷え性や疲労回復に効果があると言われています。

しかし、セロリ自体は身体を冷やす食品であるため、サラダなど生のままで食べると身体を冷やしてしまうことになります。

これからの時期にオススメの食べ方としては、身体を温める作用のある生姜などと一緒に温かいスープにすることです。

ビタミン・ミネラルも豊富なセロリ

ビタミンA、ビタミンK、更にキャベツに豊富な「ビタミンU」も豊富なセロリ。

「ビタミンU」は、「キャベジン」とも呼ばれ、胃酸の分泌を抑えたり、胃腸粘膜を修復するなどの働きがあります。

胃痛、もたれ、むかつきの症状に効くという商品名にもなっていますね。

ミネラルは特にカリウムが豊富で、むくみ予防に効果を発揮します。

その他マグネシウム、カルシウムなどのミネラルも豊富です。

食べごたえからもわかるように食物繊維も豊富で、便秘予防にも効果を発揮します。

筋が気になる場合の一工夫でさらに美味しく!

筋の部分には食物繊維が豊富で、取り除きすぎは勿体ないですが、気になる場合は、茎の筋を薄く取り除くと食べやすくなります。

包丁で筋取りをする場合は、根元の部分を切り落として、先端から筋をそぐよう切り目を入れ、筋を親指でしっかり持って、引きながら取ります。

包丁が苦手な方はピーラーでも簡単に筋が取れます。

茎の上の方から下に向かって、軽くピーラーを動かし筋を取ります。

料理に合わせて切り方を工夫!

スティック状では、シャキシャキとした歯触りを楽しめます。

人参、きゅうりなどと一緒に野菜スティックにするのもおすすめです。

マヨネーズやお味噌など、お好みに合わせてディップすると美味しく頂けます。

輪切りや斜め切りでは、セロリ独特の強い香りを楽しめます。

他の食材と大きさを合わせて切り、スープや炒め物に向いています。

スープや炒め物などの加熱する料理では、葉っぱの部分も使いやすく、無駄なく使い切ることができます。

細かく刻んでチャーハンやオムライスの具にすると、普段とひと味違った風味の一品に仕上がりますよ♪

-食材
-, , , ,

Copyright© ダイエットコンシェルジュ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.