ダイエットコンシェルジュ

プロの管理栄養士があなたのダイエットをサポートします

健康

毎日できる!お手軽『腸活』

投稿日:

腸は、脳の監視がなくても機能できる唯一の臓器です。

「腸神経系」と呼ばれる独自の神経系を持ち、この神経系の働きによって脳からの指令がなくても自活できるため、“第二の脳”とも言われる大切な臓器なのです。

しかし、便秘でガスや便が溜まるなどして腸の環境が乱れると、腸本来の働きができなくなり、体に様々な不調があらわれます。

そこで今回は、専門医も勧める腸活方法をお伝えします。

毎朝食べたい「海苔」

便意解消のためには、食物繊維の摂取が大切というのは皆さんご存知ですね。

食物繊維の中でも海苔に豊富なのが“水溶性食物繊維”です。

水溶性食物繊維は、名前の通り水に溶ける種類の食物繊維です。

水溶性食物繊維は水分保持力が強く、水に溶けるとドロドロのゲル状に変化します。

この働きにより、腸に溜まった便を調度よい柔らかさにする効果があり、便秘時のお通じを良くしてくれるのです。

善玉菌のエサになる海苔!?

水溶性食物繊維は、海苔以外にも、果物、野菜に多く含まれるペクチンや、こんぶやわかめなど海藻類に多く含まれるアルギン酸、生のこんにゃく芋に含まれるグルコマンナンにも豊富です。

また、海苔の優れた点は、善玉菌のエサになってくれるということです。

このため、善玉菌を増やす働きも期待でき、善玉菌が増えることで、腸の働きを活発にし、お通じを良くします。

朝食に取り入れよう!

いろんなアレンジに使え、日持ちもして常備しやすい海苔。

約20cm角のもの2枚を目安に朝食に取り入れるのがオススメです。

・ご飯のお供に…ご飯の糖質の吸収を穏やかにして、血糖値の急上昇を抑える働きも期待できます。
・味噌汁、すまし汁の具として…発酵食品である味噌と組み合わせることで、より腸活向きになります。
・青菜と和えてお浸しにして…青菜にも食物繊維が豊富です。
・キノコと和えてお浸しに…キノコには不溶性食物繊維が豊富です。

不溶性食物繊維は、便のかさ増しや、腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にする働きがあるため、水溶性食物繊維が豊富な海苔と組み合わせることで、便秘解消に役立ちます。

・チーズと合わせてホットサンドに…発酵食品であるチーズと組み合わせることで、より腸活向きです。

洋食にもアレンジして飽きずに続けましょう。

就寝前のマッサージで便秘解消!

夜10~深夜2時は“ゴールデンタイム”と言われ、腸の働きが活発になる時間帯です。

就寝前5分のマッサージで、腸の活動をより活発にする準備をしましょう。

ます、仰向けで寝て、楽な大勢をとります。

呼吸を続けながら、おヘソお横、指3本分あけた所を約10秒ほど押します。

左右交互に2~3分続けます。

ここは“天枢(てんすう)”と呼ばれるツボであり、下腹部のハリを和らげ、腸の働きを活発にしてくれます。

指で抑えるのが大変な場合は、空のペットボトルを当て、上から手で押さえて不可をかける方法がオススメです。

一日の始まりである朝食と、一日の終わりである就寝前の習慣で、今日から腸活を始めてみませんか♪

-健康
-, , , , , , , , ,

Copyright© ダイエットコンシェルジュ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.