ダイエットコンシェルジュ

プロの管理栄養士があなたのダイエットをサポートします

美容

目が衰えると脳も衰える!?

投稿日:

私たちは、目から入った情報と照らし合わせて見たものを認識しています。

脳が処理する情報のうち、80%は目から伝達されるとも言われます。

そのため、目の調子が悪くなり物を見る能力が衰えると、脳が受ける刺激が減り、記憶機能の低下や判断力の衰えにつながります。

嗅覚、味覚、触覚、聴覚など様々な情報がありますが、記憶の80%は視力からの情報なのです。

眼のトレーニングで脳を若返らせよう!

目から入る情報の質を高め、複雑にすることによって、視覚から脳への結びつきが密接になり、情報伝達する脳神経細胞の結合部分が増えます。

これにより、脳が活性化することが分かってきています。

目は脳の一部と言えますね。切ってもきれない関係にあるため、目をトレーニングして刺激を与えることにより、脳を鍛えましょう。

まずは、ゆっくりと深呼吸して準備します。

準備ができたら、両目を上下、左右、斜め上下に大きく動かします。

時計回り、反時計回り、8の字にも動かします。

ポイントはできるだけ大きく眼球を動かすことです。

目を閉じた状態でも、同様に動かしましょう。

その他、迷路の図を目で追うのもトレーニングになります。

指や鉛筆を使わず、目だけで迷路を進むことで眼球を動かすトレーニングになります。

認知症の予防にも役立つ

適度な刺激を与えることが大切です。

無理せず、毎日コツコツとトレーニングを続けましょう。

そして、何歳からでも脳を活性化させることが可能です。

迷路や眼球を動かすトレーニングは見る力を改善し、脳の回転を速くするため、認知症の予防にも効果を発揮します。

過度に負担をかけないよう、気軽に毎日の生活に取り入れてみましょう。

目の身方「ブルーベリー」

目にはブルーベリーがよいというのは有名な話。

ブルーベリーに豊富なアントシアニンは、目のピント調整機能の低下を抑制すると言われています。

ドリンクやジャム、冷凍品も出回っているため、手軽に摂取することができますね。

目のケアに効果的なカラフル野菜

ピーマンはビタミンCやβカロテンが豊富で、旬を迎える夏は特に栄養価がアップします。

ピーマンより肉厚で大きい赤や黄色が鮮やかなパプリカは、ピーマンよりさらに栄養価が高く、ビタミンC、ビタミンE、βカロテンが豊富です。

目の粘膜を守り、老化防止や美肌効果までも期待できます。

パプリカは、甘みがあるためサラダやマリネなど生食でも美味しく食べられます。

トレーニング同様、様々な料理で日常的に摂取できるとよいですね。

-美容
-, , ,

Copyright© ダイエットコンシェルジュ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.