ダイエットコンシェルジュ

プロの管理栄養士があなたのダイエットをサポートします

ダイエット豆知識

厚生労働省もサプリを推奨する栄養素って!?

投稿日:

私たちの身体をつくり、動かし、調子を整えてくれる様々な栄養素。

その中でも、食事以外からも摂ることが推奨されている栄養素があるのはご存知ですか?

それは、ずばり“葉酸”です。

葉酸って何?

ビタミンB群の仲間で、体内でつくることができないため、毎日の摂取が必要な必須栄養素です。

たんぱく質をつくる手助けをする他、ビタミンB12と共に赤血球をつくって貧血を防いでくれます。

また、皮膚や粘膜を強化し、動脈硬化を招くホモシステインという危険因子を減らすという働きでも知られています。

皆に必要な栄養素なの?

もちろん、どの年代、性別問わずに必要な栄養素です。

特に、レバーやほうれん草、卵黄、イチゴに豊富に含まれているため、バランスよく、積極的に摂取するとよいです。

おなかの赤ちゃんの健やかな成長に関与!?

実は、厚生労働省が食事以外に1日400μgの摂取を推奨しているのは、妊娠を希望している女性、また妊娠中、授乳中の女性なのです。

葉酸は、遺伝子情報を司る細胞内の核酸づくりに深く関わっています。

核酸をつくるということは、細胞の新陳代謝に関与し、生命活動そのものと言えるはたらき。

妊娠6週目頃までに、胎児は脳や脊髄など大切な器官の原型をつくり、最も盛んに細胞分裂を行うため、たくさんの葉酸を必要とします。

妊娠前から妊娠初期にしっかり摂取すると、「神経管閉鎖障害」という先天異常を引き起こすリスクを減らすことができます。

そのため、妊娠を望む女性は、妊娠前から十分な葉酸を摂取し、備えておく必要があるのです。

まだまだ知られていない葉酸の大切さ

「妊娠の1ヶ月以上前から、食品からの葉酸に加えて栄養補助食品から1日400μg摂取するのが望ましい」

厚生労働省が改めて具体的な推奨量を呼びかけたのは2000年のこと。

2002年には、母子健康手帳にも、葉酸を摂ることの必要性に関する記述が盛り込まれました。

しかし、海外に比べ、日本では葉酸の大切さを知る人がまだまだ少ないのが現状です。

食事から十分に摂取しようとしても、熱に弱く、水に溶けやすいため、調理の過程で多くが失われてしまうため、どうしても不足しがちに。

また、食品中の葉酸の大半は、体内に吸収されにくいポリグルタミン酸型です。

吸収されやすいモノグルタミン酸型に比べて、吸収率は約50%しかありません。

サプリメントなど、葉酸を強化している栄養補助食品などから不足分を摂取するのが効率的といえるでしょう。

-ダイエット豆知識
-, , , , ,

Copyright© ダイエットコンシェルジュ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.