ダイエットコンシェルジュ

プロの管理栄養士があなたのダイエットをサポートします

ダイエット豆知識

いまさら聞けない「大豆イソフラボン」って?

更新日:

すっかり一般的になってきた「大豆イソフラボン」。
一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

しかし、きちんと理解し説明できる方は少ないようです。
特に女性にうれしい働きが多くあるため、取り入れない手はないですよ♪

大豆イソフラボンとは

大豆に含まれる大豆イソフラボンは、主に大豆の胚芽部分に多く含まれているポリフェノールの一種です。

ポリフェノールは、大豆などのマメ科植物に含まれるイソフラボンの他、ブルーベリーやブドウなどの青紫色の植物色素であるアントシアニン、緑茶や紅茶の苦み成分であるカテキンなどがあります。

大豆イソフラボンが女性にやさしい成分として有名な理由、それは、女性ホルモンに似た働きをするということ。
女性の美と健康を維持する上で大切な役割を担う女性ホルモンの代表「エストロゲン」。

しかし、エストロゲンは多すぎても問題があり、様々な不調を引き起こす原因になるとも言われています。

大豆イソフラボンの効果

大豆イソフラボンは、エストロゲンが足りないときにその働きを補うだけでなく、過剰なときには作用を和らげます。
エストロゲンの量に応じて、バランスを調整する働きがあるのです。

女性が誰でも迎えるライフステージが「閉経」です。
45歳頃から55歳頃にかけての約10年間、閉経に伴う身体の変化によって、様々な体調不良が起こるものです。

卵巣の働きが低下すると、女性ホルモンの一種のエストロゲンが激減し、それまで調整のとれていた身体の機能に歪みが生じて、不快な症状となって現れます。

大豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをします。
納豆、豆腐、味噌、豆乳など、大豆製品を多く摂取する日本やアジア地域の女性は、更年期障害が比較的軽いと言われるのはこのためなのです。

閉経後に訪れる女性の疾患に骨粗相症があります。
骨からのカルシウム流失を防いでいたエストロゲンが減少するために、食事からカルシウムを摂取しても、骨に蓄積することが出来ず、骨の密度が下がってスカスカの状態になってしまうのです。

また、動脈硬化も閉経後に多い病気の1つです。
女性ホルモンにはコレステロールを下げる働きがありますが、閉経によってエストロゲンの分泌量が減るため、閉経前はコレステロール値に全く問題がなかった人でも、閉経後にコレステロール値が上昇するケースがあります。

これが動脈硬化の原因となるのです。

閉経に関係なく、若い世代の摂取にもよい働きがあります。
日常的に摂取することで、生理痛や生理前症候群の症状が軽くなったという人もいます。

味噌汁を飲む習慣を持ち、具には豆腐や油揚げを入れる、おやつに豆乳を飲む、毎日の食事に納豆を取り入れるなど、無理なく取り入れることで、日常的に摂取しましょう!

-ダイエット豆知識
-, , , , , , ,

Copyright© ダイエットコンシェルジュ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.