ダイエットコンシェルジュ

プロの管理栄養士があなたのダイエットをサポートします

健康

『更年期』正しく知って対処を!

投稿日:

女性の体は女性ホルモン(エストロゲン)によって正常な体の働きやを保っています。

一生の中で分泌量が大きく変化し、一生を左右されるといってもよいでしょう。

しかし、正しい知識を持たずに誤解していることもあるのではないでしょうか。

今回は、よく聞かれる質問や、よく話題になるからこそ間違ってしまうことを今一度チェックしてみましょう。

豆腐や納豆を食べていれば女性ホルモン対策はバッチリ?

大豆に含まれるフラボノイドである「大豆イソフラボン」。

このイソフラボンを材料にして、腸内細菌で代謝されてつくられる「エクオール」という物質が、女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをすると注目されています。

つまり、イソフラボンそのものが女性ホルモン様の働きをするわけではなく、腸内細菌によって代謝されてつくられる物質が、女性ホルモン様の働きをするというわけです。

しかし、日本人の女性の約半数が、このエクオールを作ることができる腸内細菌をもっていないと言われています。

腸内細菌を持っていない人は、いくら大豆製品を摂ってもエクオールをつくることができず、女性ホルオン対策にならないのです。

自分がこの腸内細菌を持っているのかどうかは、尿検査キットで簡単に検査ができますよ。

気になる方は一度チェックして、これからの食生活に活かせると良いでしょう。

「更年期」にまつわる言葉

更年期:閉経の前後10年間をいいます。日本人の閉経の平均は約50歳。

更年期症状:イライラ、のぼせ、火照りなど更年期に出やすい症状のことです。

更年期障害:日常生活に支障が出るほどの症状が重い状態のことです。

「更年期」がない人もいるの?

「更年期」とは閉経の前後10年間をさし、誰にでも訪れます。

個人差はありますが、女性なら誰でも体の中で大きな変化が起こっているのです。

更年期では、女性ホルモン(エストロゲン)が急激に減少し、ホルモンバランスが崩れることでのぼせ、発汗などを始めとする様々な体の不調が現れます。

個人差が大きいため、ほとんど症状が出ない人もいれば、日常生活に支障をきたすほど重い人もいます。

症状が軽い人も要注意なのが、骨粗鬆症や脂質異常症、動脈硬化など、今まで女性ホルモン(エストロゲン)によって守られていた疾病の発症です。

年に一度は人間ドックや健診を受け、数値の変化を確認し、必要に応じて、運動や食生活などの生活習慣の見直しが必要なのもこの時期なのです。

更年期障害は遺伝するの?

更年期障害は遺伝しません。しかし、母娘では体質が似ているということは考えられます。

生活スタイルや食生活が似ていると、似たような症状がでやすいということはあるかもしれませんね。

また、体格が似ている場合も同じようなことが言えます。

ホルモン補充療法のリスクが心配だけど?

更年期症状の治療の一つとしてホルモン充填療法があります。

更年期症状や更年期障害の治療のために、閉経前後に体内で不足してきた女性ホルモン(エストロゲン)を補充する療法です。

現在、日本では、飲み薬、貼り薬(貼付剤)、塗り薬(ジェル)が医師の処方する薬として、健康保険が適用されています。

しかし、5年間行うと、乳がんに罹患するリスクが約1.27倍高くなるという統計データもあり、死亡率は変わらないというデータがあります。

治療期間が5年以内であれば、乳がん罹患リスクは変わらないというデータもあります。

仕事に行けない、家事ができないなど、日常生活に支障をきたす場合、我慢せずに、治療の選択肢の一つとして考えてもよいのではないでしょうか。

ホルモン充填療法を始める前には、乳がん検査を受けることが重要です。

もちろん、治療中も年に一度は検査をしながら進めていくので安心です。

初経時、月経時、妊娠産褥期(にんしんさんじょくき)、更年期といった、女性ホルモンが変動する時期は、生理前症候群に代表されるようなイライラする、不安感が強くなる、気分が落ち込んで憂鬱になるなど、心理的に不安定になります。

特に、最も女性ホルモンが大きく変動する更年期は「鬱(うつ)」になるリスクも高くなります。

気分の落ち込みが続く、不眠に悩まされるなどの症状があれば、一人で抱え込まず、早めに医師に相談をしましょう。

-健康
-, , , , , , , ,

Copyright© ダイエットコンシェルジュ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.