ダイエットコンシェルジュ

プロの管理栄養士があなたのダイエットをサポートします

ダイエット豆知識

痛風予防のプリン体OFFビール?

更新日:

若い世代でも気にする声が聞かれる痛風。
字の如く、風が吹いても痛むと言われるほどの激痛を伴う症状です。
正式には「高尿酸血症」と言い、血液に尿酸が多くなる状態です。

主にビールの泡(ホップ)に多く含まれるといわれるプリン体。
最近では摂取する尿酸を減らそうと、尿酸の元となるプリン体を減らした
ビールが発売されています。
では、通常のビールをプリン体OFFのビールに替えるだけで
痛風予防となるのでしょうか?

プリン体は食品から摂取する以外にも、
私たちの体内で日々合成されています。
合成と排泄を繰り返し、通常では問題ない一定量に保たれています。

しかし、アルコールにはこの合成を促進し、
排泄を抑制する働きがあります。

つまり、ビールに限らずアルコール自体に体内の尿酸値を高める働きがあるのです。
しかも、高尿酸血症への影響は体内での合成や排泄機能と食品からの摂取で
8:2と言われ、どれだけこの合成と排出の働きを調整することが大切かが分かりますね。

プリン体OFFのビールに切り替えて、摂取するプリン体を減らすことも有効ですが、
その前にアルコール自体の摂取量を振り返ることが必須なのです。

ビールが美味しく感じるこれからの季節。
飲み過ぎには注意したいものです。
焼酎やウイスキーなど割って飲むお酒は薄めにすることで
アルコール量を減らすことができます。
日本酒のように酌み交わすお酒は、摂取量を把握し辛いため
特に注意しましょう。

-ダイエット豆知識
-, ,

Copyright© ダイエットコンシェルジュ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.