ダイエットコンシェルジュ

プロの管理栄養士があなたのダイエットをサポートします

健康

忙しい日常に!「呼吸」を意識してみましょう!

投稿日:

普段、何気なくしている呼吸ですが、呼吸は人間の脳波と密接な関係があり、脳の活動や体への影響が大きい行為です。

緊張をほぐしたいときなど、呼吸を意識してリラックスしてみましょう。

15秒呼吸法

「深呼吸」しようとするとき、息を吸い込むところから始める方が多いですが、体内の空気を全て吐き出さないときれいな空気を体内に取り入れることができません。

口から5秒で息を吐き出し、5秒間息を止めます。

次に鼻から5秒間で息を吸い込みます。

これを1分間に4回、計20回行います。

複式呼吸法

床に仰向けで寝ると自然に複式呼吸になります。

イスに座る場合は、背筋を伸ばすように意識します。

体の力を抜き、目を閉じて、へその下辺りに意識を集中させます。

ゆっくりとお腹がへこんでいくのを意識しながら、口から息を吐き切ります。

吐き切ったら、次に鼻からゆっくり息を吸い、お腹がワイン樽のように膨らんだところで息を止めます。

私たちの普段の呼吸は「胸式呼吸」ですが、胸式呼吸では二酸化炭素を出し切ることができないため、体に必要な酸素をしっかりと取り入れるためには複式呼吸が効果的なのです。

色彩呼吸法

色彩呼吸とは、色の持つ生理的影響力を利用して、よりリラックスすることができる呼吸法です。

色の特徴として、赤やオレンジなどの暖色は、太陽や火を連想して暖かさを感じ、行動を活発にする作用があります。

青や緑などの寒色は、水や海底を連想し涼しさを連想させ、神経の高ぶりを鎮める作用があります。

リラックスするためには、パステル調の青や桃色、緑の他、自分の好きな色がよいでしょう。

色彩呼吸法の方法は、最初にリラックスできそうな色を思い浮かべます。

思い浮べることが難しい場合は、実際にその色の物を用意して見つめます。

色が見えてきたら、落ち着ける部屋や自然の中などでくつろいでいる自分の姿をイメージします。

そして、リラックスできそうなあ色を再び思い浮かべ、その色がついた空気を吸い込むところを想像します。

鼻からゆっくり吸い込み、息を止め、色のついた空気が体全体に行き渡り、満たされていくことをイメージします。

最後に、吸い込んだ色のついた空気が疲れを吸収してくれていることを思い浮かべならが、口からゆっくりと吐き出します。

呼吸法を実践するときのポイント

呼吸法を実践するときには、脱力することを意識しましょう。

イスに座って軽く目を閉じ、手の親指を握り込み、肘を曲げ、肩が耳にくっつくくらいすぼめるように持ち上げます。

その後、一気に脱力します。一度、縮めてから伸ばすことで、肩や首の筋肉もほぐされます。

次に、両肘を肩まで上げ、横に広げると同時に胸をとき出すようにして肩甲骨を引き寄せます。

このとき、目は少し上方向を見上げるようにしましょう。

これも一気に脱力します。

脱力することで、自然に交感神経の働きが抑制され、リラックス効果が高まりますよ♪

-健康
-, , , ,

Copyright© ダイエットコンシェルジュ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.