ダイエットコンシェルジュ

プロの管理栄養士があなたのダイエットをサポートします

健康

あなたのその症状“夏バテ”!?

投稿日:

体が暑さに慣れない梅雨の時期から、本格的な夏にかけて起こる体調不良。

「体がだるい」「食欲がない」など体に不調が現れますが、それって“夏バテ”?

夏バテとは?

“夏負け”“暑気(しょき)あたり”とも言われ、夏の暑さによって自律神経の調整がうまくいかなくなって起こる諸症状を呼んでいます。

もともとは、夏に体力が弱った影響で秋口に体調を崩すことを意味し、夏の体調不良を意味するものではありません。

夏の暑さから秋の涼しさへと気温の変化に体温調整が対応できないときに起こりやすいということです。

しかし、現在では、夏の屋外の暑さと室内のエアコンとの気温差に体が対応できず、夏バテが起こりやすい生活環境にあると言えます。

夏バテの症状

・疲れやすい
・食欲低下
・倦怠感(だるさ)
・下痢や便秘 など

夏バテの主な症状は上記のようなものがあります。

脱水(水分不足)から起こる熱中症も起こりやすい時期ですが、夏バテが徐々に体調を崩すことに対して、熱中症は突然体調が悪くなり、生命の危機も起こりうるため、十分な注意が必要です。

特に喉の乾きを感じにくくなっている高齢者や、体の反応を伝えられない乳幼児は脱水に気づきにくく、かつ、脱水症状を起こしやすいため、こまめな水分補給が重要です。

周りも声かけをしてあげましょう。

夏バテの原因

・自律神経の乱れや調整不良
・睡眠不足
・体力や免疫力の低下
・ストレス など

急激な温度変化は、自律神経の乱れを引き起こしやすいです。

屋外と室内の温度差を少なくするため、冷房温度の下げすぎには注意しましょう。

梅雨時期や初夏、晩夏も同様に症状が起こりやすい時期であるため、注意が必要なのです。

夏バテの対処法

・安静、休養

症状を感じたら体を休めて自律神経を整えましょう。

高温など体へのストレスだけなく、心のストレスも夏バテの原因です。

リラックスする時間を確保するようにしましょう。

・バランスよい食事で栄養補給

暑さにより、胃腸にも負担がかかっています。

栄養価の高い、消化のよい食べ物を選択しましょう。

また、冷たい物も胃腸に負担をかけます。

アイス、かき氷、ジュースなどの食べ過ぎ、飲み過ぎには注意しましょう。

・睡眠

十分な睡眠をとり、規則正しい生活を意識しましょう。

夏休みなど長期休暇で普段と生活リズムが変わる場合も、就寝時間と起床時間が大きくずれないように心がけましょう。

・水分補給

一度にたくさん水分摂取すると胃腸に負担がかかるため、少しずつ、こまめに摂取するようにしましょう。

起床後、朝食時、午前、昼食時、午後、夕方、夕食時、入浴前後、睡眠前など、自分で水分補給のタイミングを習慣化できるとよいです。

夏バテの予防法

・エアコンの温度調整

室内外の温度差が5℃以上になると、自律神経が乱れやすくなると言われています。

室内を冷やしすぎないようにしましょう。

エアコンの冷たい風邪が直接当たらないように、風方の調整もお忘れなく。

・適度に汗をかく

適度な定期的な運動は、新陳代謝を高め、体に老廃物を溜めないために重要です。

運動前後、運動中にもこまめに水分補給をしましょう。

・十分な睡眠をとる

睡眠により、心身ともに溜まった疲れをとりましょう。

・水分を摂る

夏バテで免疫力が低下していると、熱中症の症状も重症化しやすくなります。

運動時など、いつもより多くの汗をかいたときは、水分だけでなく、塩分などのミネラルも補給して夏バテや熱中症を防ぎましょう。

夏バテより怖い!?熱中症を防ぐ!

熱中症は時に生命の危機にも繋がります。

「喉が渇いた」と感じたときには、すでに体内の水分が不足しています。

日常生活の中で、自分なりの水分補給のタイミングを決めて習慣化しましょう。

生活環境は、高温・多湿を避けることが大切です。

気温はそこまで高くなくても、湿度が高いことで熱中症が発症します。

冷房だけでなく、除湿(ドライ)機能も使い分けましょう。

また、直射日光を避けることもポイントです。

出かける際には、日傘や防止を利用し、なるべく日陰を歩くようにしましょう。

単なる夏バテだと思っていても、他の病気が隠れている場合もあります。

症状が長引く場合は、無理せず医療機関を受診してください!

-健康
-, ,

Copyright© ダイエットコンシェルジュ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.