ダイエットコンシェルジュ

プロの管理栄養士があなたのダイエットをサポートします

ダイエット豆知識

お茶で紫外線対策!?

投稿日:

“朝茶はその日の難のがれ”ということわざがあるように、昔から私たち日本人の健康を支えてきたお茶。
ここでのお茶は緑茶を指します。

緑茶に豊富な栄養素といえば、ポリフェノールの一種である「カテキン」。
カテキンは、抗酸化作用がある他、抗菌や消臭にも役立ち、「緑茶成分入り」と売り出している消臭効果のある商品も目にします。

抗菌の観点にも優れ、「風邪の予防にお茶でうがいをする」方法も言われます。
これは、風邪の原因となるウイルスを退治するカテキンの働きを利用したものです。

食中毒性の菌を除去したり、口臭を抑える働きもあるため、
食後に緑茶を一杯飲むのもおすすめです。

渋みのカテキン、うまみのテアニン

立春から数えて八十八日目を八十八夜といいます。
これはだいたい5月初旬頃で、新茶の収穫が始まる時期です。

冬を越した柔らかな新芽が手摘みされます。
2番茶、3番茶と後に摘んだものほど渋みが強くなりますが、これは、カテキンがより多く含まれているからです。

茶葉は直射日光から身を守るため、うまみ成分のテアニンから渋み成分であるカテキンを作り出します。
その性質を利用して、新芽がでる時期に覆いをして日光を遮るという製法で作られているのが、渋みが少なくうまみが強い「玉露」なのです。

美味しいお茶の入れ方

毎日お茶からカテキンを摂取するにあたって、どうせなら美味しくお茶を入れたいものですね。

カテキンは、65℃以上の高温で入れたときによく茶に溶け出す性質なので、お茶のうまみを味わいたいときは、湯冷ましなどを使ってやや低温で、
香りを楽しみたいときや、カテキンをしっかりと摂りたいときは、沸騰したお茶で入れるとよいでしょう。

一般的に、ウーロン茶を高温で、緑茶を低温で入れるのは、茶葉に含まれるカテキンの量、つまり渋み成分がウーロン茶の場合は、
製茶の過程で減っているため、熱湯で淹れても渋くなりすぎることがないからです。

夏は冷たい飲み物で胃腸が冷えがちです。
1日一杯は温かい緑茶を入れて、心身ともにリラックスするのはどうでしょう。

また、最近はペットボトルの緑茶でも本格派の商品が多いです。
お気に入りを見つけて毎日楽しみたいですね!

-ダイエット豆知識
-, , , ,

Copyright© ダイエットコンシェルジュ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.