ダイエットコンシェルジュ

プロの管理栄養士があなたのダイエットをサポートします

健康

歯から全身の健康を考えよう!

投稿日:

知っていますか?歯周病と全身の健康の関係
歯周病が及ぼす全身への影響を知っていますか?

肥満

様々な生活習慣病の温床であり、肥満の人に歯周病が多いという報告があります。

メタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満)

肥満と合わせて、高血圧、脂質異常症、高血糖などの要因が合わさった状態で、この状態が歯周病のリスクが高まると言われています。

骨粗鬆症

更年期以降の女性に多く見られ、骨密度が低下して骨折のリスクが上がります。

骨粗鬆症になると、歯周病が悪化しやすいと言われています。

動脈硬化

高血圧や脂質異常により、血管が厚く硬くなった状態です。

歯周病が血管壁を狭めて、動脈硬化を促進させると考えられています。

これにより、脳梗塞や脳出血などの脳卒中も歯周病により動脈硬化が促進されると、脳卒中の引き金となります。

心臓の筋肉に栄養を送る冠動脈が動脈硬化をおこし、血管が狭くなったり詰まることでおきる狭心症や心筋梗塞などの心臓病も、歯周病が動脈効果を促進させると心臓病の引き金となります。

糖尿病

高血糖の状態が続くことで発症します。

網膜症、神経障害、腎症など合併症が恐れられ、歯周病も合併症の一つと言われています。

通常、インスリンという血糖値を下げるホルモンの働きによ、血糖値は正常に保たれています。

しかし、歯周病が重症化すると、このインスリンの働きが妨げられ、血糖コントロールができなくなってしまうのです。

インフルエンザ

歯周病がインフルエンザウイルスを増殖させたり、治療薬であるタミフルなどの抗ウイルス薬が効きにくくなると言われています。

誤嚥性肺炎

唾液中の歯周病菌などが誤って気管に入ることで、肺が感染しておこります。

高齢者など、飲み込む力が衰えている人に多く見られますが、口腔ケアで肺炎のリスクは減少できると言われています。

早産・胎児の低体重

妊娠中に歯周病になると、歯周病菌が血液を介して胎児へ感染し、妊娠トラブルを引き起こします。

口のトラブルの原因は「バイオフィルム」

バイオフィルムとは、細菌が集まってできたネバネバ、ヌルヌルの塊で歯周病や歯周炎、口臭、粘つきの原因の一つです。

バイオフィルムには、歯周病菌が住みつき、炎症を起こしたり、歯周ポケットをつくります。

口腔内の細菌対策 ①歯磨き

歯と歯肉の境目に歯ブラシの毛先をやさしく当て、小刻みに歯1本ずつ丁寧に動かします。

歯の表側は歯ブラシを直角に当て、歯と歯肉の境目は45度に当てましょう。

奥歯のかみ合わせ面や前歯の裏側も忘れずに。

歯並びがよくない部分や磨きにくい部分は、先の尖ったワンタフトブラシを使って丁寧に磨きましょう。

口腔内の細菌対策 ②歯間部清掃

歯と歯の間は、デンタルフロスや歯間ブラシを使用しましょう。

使い方によっては、歯肉を傷つけてしまうこともあるため、歯科医師や歯科衛生士の指導を受けて、正しい方法で行いましょう。

口腔内の細菌対策 ③マウスウォッシュ

洗口液を口に含み、口腔内に行き渡らせるようにすすぎます。

バイオフィルムを殺菌するために有効で、成分により、炎症を抑えるもの、保湿効果のあるもの、歯周病予防効果があるものなどタイプがあります。

症状に合わせて使い分けましょう。

舌ケア

健康な舌は白っぽいピンク色ですが、舌苔が付着している状態の舌は茶褐色や白く厚みを帯びています。

舌苔は口臭の原因となる他、正常な味覚も保てなくなります。

舌のケアには、舌ブラシを使いましょう。

舌ブラシを水で濡らして、舌の奥から手前へやさしく撫でるように動かします。

舌の乾燥対策 ①唾液腺マッサージ

唾液の量が減少すると、口腔内が乾燥しやすくなります。

乾燥した状態では、汚れが付きやすくなるため、唾液腺マッサージで唾液腺を直接刺激して唾液の分泌を促進しましょう。

指全体で耳下腺周辺をマッサージします。(耳の前、上の奥歯のあたりを後ろから前に円を描くようにマッサージ)

次に、顎下腺を刺激します。(親指を顎の骨の内側の柔らかい部分に当て、押しては離しを繰り返します)

最後に、舌下腺を刺激します。(親指で顎の舌を押しては離しを繰り返します)

舌の乾燥対策 ②舌体操

舌を出したり引っ込めたり繰り返します。舌の先に力を入れて行います。

次に、舌をできるだけ前に出した状態で、左右に動かしてみましょう。

舌を左周り、右回りに口の周りを舐めるように動かします。

舌を出して、鼻の頭や顎に届かせるように上下へと動かしましょう。

口を閉じた状態でもやってみます。

舌で上下の唇を押すように交互に動かしてみましょう。

次に左右の頬を押します。最後に、口を閉じたままで口の内側を舐めるように左右交互に回しましょう。

口腔内には約700種類の細菌が存在しており、免疫力や抵抗力が下がったとき、あるいは、常在菌の病原性が強くなったときに歯周病が発症します。

日頃からできる対策をとり、口腔内を清潔に保つことで全身の疾病を予防しましょう♪

-健康
-, , , , , , , , ,

Copyright© ダイエットコンシェルジュ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.