ダイエットコンシェルジュ

プロの管理栄養士があなたのダイエットをサポートします

美容

紫外線対策、お肌だけで大丈夫!?

投稿日:

紫外線が増える季節、お肌の紫外線対策だけで安心していませんか?

多くの方が見落としがちなのが、目の紫外線対策です。

目から入る紫外線は、目の病気や全身の日焼け、疲労を引き起こします。

・紫外線対策は肌の日焼け止め塗布だけだ
・紫外線カット機能のあるサングラスやメガネを持っていない
・曇の日や室内では特に対策をしていない
・洗濯物干しやゴミ出し、近所への買い物程度では何もしていない

1つでも当てはまる場合、目から紫外線ダメージを受けている可能性があります。

目からの紫外線ダメージは、活性酸素を発生させ、老化の進行や様々な病気に繋がると言われています。今すぐ見直しが必要ですね。

知っていますか?UV-AとUV-B

紫外線(UV)は、目に見えない太陽光で、波長が長い順に「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3種類に分かれます。

波長が短いUV-Cは大気層で吸収されるため、地表に届いて皮膚や目など健康への悪影響はありません。

健康に対して懸念されるのはUV-AとUV-Bなのです。

UV-A:肌の深部にまで届いて肌老化の原因となるなど、健康被害が懸念されます。

波長が長く、ガラスを透過するため、室内でも要注意です。

UV-B:大気層で吸収されるものの、一部は地上まで到達します。

皮膚の表面に炎症(日焼け)を起こします。皮膚がんや白内障の原因にもなります。

冬や曇の日も油断大敵!

紫外線の強さは季節や時刻、天候によって変わります。

UV-Bは6月~8月にピークを迎えますが、UV-Aは年間通して変動が少なく、一年中、対策が必要です。

紫外線の強さは、快晴時と比べ、晴れや薄曇りで80%以上、曇でも約60%、雨で約30%あるため、快晴時と変わらず注意が必要です。

冬時期や朝・夕方は太陽高度が低いため、紫外線が直接目に入りやすいため注意が必要です。

冬場は肌の露出が少なくなりますが、目は常に外部にさらされ、多方面から紫外線を浴びています。

紫外線は大気中で散乱し、特にUV-Bは散乱しやすい特性があります。

また、紫外線の反射率は地表面の種類によって異なります。

新雪80%、砂浜10~25%、アスファルト10%などで、冬や夏のレジャーで訪れることが多いスキー場や海辺では、特に十分な対策が必要と言えるでしょう。

目から紫外線を守るグッズ

紫外線カット機能のあるサングラスやメガネ、コンタクトレンズの利用により、紫外線を有効に遮断することができます。

紫外線は日焼けだけでなく、脳の判断機能低下や疲労の蓄積にも繋がるため、スポーツ選手がサングラスを着用しているのは、眩しいからという理由だけでなく、疲労蓄積や判断力の低下を防ぎ、パフォーマンス維持・向上のためでもあるのです。

レンズはUV-Bをほとんど透過させないガラス製、または紫外線カット機能の表示があるプラスティック製がおすすめです。

形状は、ツルが幅広で側面もしっかりカバーするタイプがおすすめです。

紫外線は側面からも入り込むため、顔の形に合ったものを選びましょう。

その他、紫外線カット率の高いカーテンの設置や、ウィンドフィルムを窓に貼ることも対策になります。

UV-Aはガラス窓を透過して室内に降り注ぐため、室内にいるからといって油断はできません。

紫外線による目の炎症ケア

気を付けていても受けてしまった紫外線ダメージには早めの対策を!

海遊び、キャンプなどで強い紫外線を浴びると、当日の夜から翌朝にかけて目の充血や異物感、痛みを感じることがあり、これを「紫外線角膜炎」といいます。

冷たい清潔なタオルや氷嚢で目を冷却し、紫外線対策用の点眼薬を点眼しましょう。

症状が長引くときは必ず眼科の受診を!

食べ物からのケア

日焼けにより肌老化が起こります。これを防ぐにはメラニンの生成抑制と排出を促すことが重要です。

メラニンはシミの主成分。その生成を抑えるビタミンCや、排出を促すL-システインの摂取が効果的です。

ビタミンCは、レモンなどの柑橘類、キウイフルーツ、イチゴなどの果物や、ピーマン、赤パプリカなどの野菜にも豊富です。

L-システインは肉、大豆、はちみつなどに豊富な栄養素です。

また、ビタミンCとL-システインを一緒に摂ることで、相乗的に効果がアップします。

大豆製品である豆乳と、はちみつ、レモンをミックスしたドリンクは、手軽に摂取できるためおすすめですよ♪

良質な睡眠でケア

最大の疲労回復法は、質の良い睡眠をとることです。

深い睡眠中には、新陳代謝を促す成長ホルモンの分泌が盛んになります。

・ぬるめ(38~40℃)のお湯で半身浴する。

自律神経を整える半身浴によって、入眠しやすい環境をつくります。

・寝る前にスマホやパソコン、テレビを見ない。

機器が発するブルーライトは交感神経を優位にして脳を興奮させるため、睡眠を妨げ、睡眠の質を低下させます。

・ストレッチなど、適度に体を促す。

心地よい疲れを感じるとき、入眠しやすい環境と言えます。

深呼吸して心身ともにリラックスさせましょう。

-美容
-, , , , , , , ,

Copyright© ダイエットコンシェルジュ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.